2015年11月

2015年11月18日

書評:『コストは必ず半減できる』三木博幸

とりあえず資格試験の勉強は休憩して、経営コンサルとしての勉強を始めます。
中小企業診断士は、しょせん独占業務もないし、単なるきっかけに過ぎません。
社長さんの信用を、少しだけ上げるくらいの役にしか立たないと思います。

私自身は開発技術者なので、開発系のコンサルをしたいのですけど、
経験してきた分野が特殊で汎用性に乏しいのです。
製造系は開発品の導入で関わる程度なので、知ってるような知らないような。。。
また、その製造が特殊で、中小企業にはなじみません。
でも、事例3が比較的得意なのは、経験があるからでしょうね。

ということで、自分の生きていく道を探すことも目的に本を読んでいきます。


『コストは必ず半減できる』三木博幸

三木さんは、クボタ機械設計株式会社社長など、トラクター、田植え機、自動販売機の
開発や製造を経験された方です。
製造業にとって、QCDのコストは業績に直結します。
『コストを半減します』と言えば、まあ、飛びついてコンサルを依頼しますよね(笑)
実績があればですけど。

三木さんも始めは、自分の経験が他の企業に役に立つのか不安だったそうです。
しかし、中小企業のモノづくりは機械系が多いですし、ちゃんと役に立っています。
その点わたしのスキルは。。。やばいなこりゃ。

コスト半減のコツは、部品を半減することです。
部品を半減すれば、調達コストも組み立てコストも下がります。
ついでに、初期故障率や市場故障率も下がります。
要は、設計段階でいかにムダを省き、部品点数を減らすかです。
そのノウハウを体系化している、って感じです。

社員教育も大切にしています。
社員全員が、同じ方向を目指すことができるように、
現場教育を徹底する必要があると主張しています。

などなど、事例3に直接的に役立つことはないかも知れませんけど、
モノづくりの現場を知らない方には、雰囲気が伝わる良い本だと思います。



☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁K ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁K All rights reserved 
 



bengorok at 22:08|PermalinkComments(0)勉強の記録 

2015年11月16日

たかがLEC、されどLECの講評結果

『認めたくないものだな。
 自分自身の若さ故の過ちというものを。』
 (シャア・アズナブル)


ようやく、LECさんのABCD講評が返却されました。
無料ですけど、講評は的確と感じます。
ありがとうございました。


まあ、ここは素直に実力不足ゆえの過ちを認めて。
しかしこの試験。
いったい、何をどうすれば伸びるんだろう??
独学をつづけるか、素直に受験機関に頼るか・・・


【事例】: 事例1
【ABCDランク】: B
 【講評】: 第3問は、A社が過去にバドミントン用品の製造・販売に依存していたために経営危機に直面したことを踏まえて解答できるとよかったです。

⇒はいはい、第3問はまったくわかりませんでしたよ。
 というか、各社バラバラだし。


【事例】: 事例2
【ABCDランク】: C
【講評】: 第1問は主婦寄りの提案となっている点が気になります。
それ以外は手堅く解答出来ています。

⇒お金を使うのは主婦ですからね~
 ファミリーより女子会でしょう。
 といまだにブツブツ。。。


【事例】: 事例3
【ABCDランク】: A
【講評】: 第1問(2)、第2問など総じてうまく書けています。
ただ第1問(3)、第4問ではさらに掘り下げて記述ができるとなお良いです。

⇒これはLECと相性の良い解答でしたから、評価も高いのでしょう。


【事例】: 事例4
【ABCDランク】: B
【講評】: 第1問でD社の長所と課題を指摘し、第2問で正確なCVPの計算で得点を重ねて、第4問で題意を外さない解答であったため、高い評価ができる解答です。
第2問(設問3)が正解であれば、A評価まで伸ばせる可能性があります。
また、第3問については、減価償却費の取り扱いをどのように決めていくかで解答が分かれますので、大きな差はつかないと考えます。
ただし、第3問(設問3)が空欄なのはもったいないです。

⇒第3問(設問3)なんて、さっぱり分かりませんでした。
 とりあえず、Cでなくて良かったです。



☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁K ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁K All rights reserved 
 



bengorok at 21:17|PermalinkComments(4)勉強の記録 

2015年11月15日

事例1第3問は、なにが正解?

最近、悶々(もんもん)としていることが3つあります。

①各社の解答がバラバラです。悶々・・・
②LECの講評が3事例まで来て、途絶えてます。悶々・・・
③合格発表まで、あと4週間。悶々・・・

とりあえず、自分の力で改善できる?①について。
6社の解答を入手できましたので、
いまだに悶々としている事例1第3問を再考しました。

その他、悶々としている問題は、下記3点です。
事例2:第1問 設問2 サービス業の業種
事例3:第1問設問(3)、第2問、第3問の切り分け
事例4:第3問の減価償却費の取り扱い


まあ、なんの実績もない素人考えですので、ご参考まで。
ご意見等あればコメントをお願いしたします。

★★★ 再考した解答案 ★★★
課題は、新規事業へのチャレンジ意欲を高め、
企業グループ全体を高成長体質と高収益体質
に改善することである。具体的には、新規事
業への挑戦を促進する組織文化の育成と、グ
ループ内人材流動性を高めることである。


★★★ 各社解答の抜粋 ★★★
【大原】
 課題:容器製造業が、高い利益を確保できること
【TAC】
 課題:健康ソリューション事業の強化を図る
   ⇒関連会社で非正規社員を採用して収益性を高める人事政策  
   ⇒関連会社の正規社員をA社に異動させる人事政策
【TBC】
 課題:事業リスクを分散する
   ⇒成長基調の健康ソリューション事業の投資を強化する
   ⇒プラスチック製容器製造の売上依存度を下げる
 課題:会社間のコンフリクトが生じる可能性がある
   ⇒人事交流を図る。
【AAS関西】
 課題:関連企業の売上比率が高くなることによるA社の目標達成意欲の低下
 課題:プラスチック製容器製造事業に売上依存するリスクを軽減する
    ⇒新事業を創出する人材を育成すること
【AAS東京】
 課題:容器製造事業が、廉価な海外製品等に対する長期的な競争優位を築くこと
   ⇒高度化した成形技術を特許等で保護
 課題:利益率向上と事業リスク軽減を図る
   ⇒自社ブランドである健康ソリューション事業の割合を高める
【LEC】
 課題:低収益で収益源の集中したリスクの高いビジネスモデルからの脱却
   ⇒主力事業頼みを脱し、技術革新や新規開拓を促進する組織文化
   ⇒高収益な新規事業への意欲を高める人事制度


★★★ 各社解答のまとめ ★★★
A.容器製造業の課題
 (1) 利益率を高める
  ⇒非正規社員を採用(正規社員のA社への異動)
 (2) 事業の長期安定性を高める
  ⇒高度化した成形技術を特許等で保護
B.企業グループの課題
 (1) 事業リスクを分散する
  ⇒成長基調の健康ソリューション事業を強化
   ⇒容器製造業から正規社員の異動
   ⇒投資を強化
  ⇒新事業を創出する人材を育成すること
  ⇒高収益な新規事業への意欲を高める人事制度
 (2) 会社間のコンフリクトを避ける
  ⇒人事交流を図る


★★★ 関連する与件の抜き出し ★★★
①新規事業へのチャレンジ風土
・いち早く流行の兆しをとらえ、シャトルコックの開発・製造に取り組む
・ゲートボールの人気に陰りがみられると、次なるスポーツ用品事業を模索
・地元自治体や大学との連携
・福祉施設向けレクリエーションゲームなどを開発し、福祉事業に参入
・健康ソリューション事業は、グループ売上全体の16%を占めるまでに成長させた
②高度な技術をベースとした、過去の成功体験
・A社の売上は最盛期の約70%減となり、一転して経営危機に直面することになった。
・どうにか事業を継続させれたのは、ブロー成形技術があったから
・その成形技術の高度化が、A社再生への道を切り開くことになる
・成形技術の高度化や投資で、大型成形製品の注文を受けることができる体制も整った
③現状の経営状態
・売上構成比は、容器製造が60%、自動車部品が24%、健康事業が16%
・人員構成比は、容器製造が48%、自動車部品が24%、健康事業が28%
・ここ5年、売上構成比は変わらず、業績もほぼ横ばい、高い利益とはいえない
④人事政策(経営理念)
・どうにか事業を継続させ、約40名の従業員を路頭に迷わせずに済んだ
・従業員のほとんどが正規社員であり、非正規社員は数名に過ぎない
・近年、業績給的要素を取り入れつつある
・給与や昇進などの人事制度は、ほぼ年功ベースで運用されている


★★★ 設問の分析 ★★★
・A社および関連会社を含めた企業グループで、
  ⇒企業グループ経営に関する問題である
・大型成形技術の導入や技術開発などによって、
  ⇒容器製造事業の成功要因をまとめている
・プラスチック製容器製造事業の売上が60%を占めるようになった。
  ⇒容器製造事業自体も、長期的に存続させる必要がある
  ⇒リスク分散を図るため、他の事業を伸ばす必要がある
・そのことは、今後の経営に、どのような課題を生み出す可能性があると考えられるか。
  ⇒関連会社だけでなく、企業グループの課題が求められている
・中小企業診断士として、100字以内で述べよ。
  ⇒中小企業診断士としての助言である


★★★ 解答作成の基本方針 ★★★
①容器製造事業の課題ではなく、企業グループの課題としてとらえる
 ・容器製造業は、しっかりと守り、さらに成長させること
 ・新規事業を連打し、成長路線と高収益性を実現すること
②良い社風や経営理念は、大切に守る
 ・チャレンジ風土 ⇒これまでの成功体験
 ・正規社員中心の人事構成 ⇒社員を大切にする風土
  ※非正規社員の増員説は採用しない
 ・年功ベースの人事制度 ⇒社員の暮らしの安定を重視


★★★ 各社解答をベースとした引き算 ★★★
B.企業グループの課題
 (1) 事業リスクを分散する
  ⇒成長基調の健康ソリューション事業を強化
   ⇒投資を強化
  ⇒新事業を創出する人材を育成すること
  ⇒高収益な新規事業への意欲を高める人事制度


★★★ 再考察 ★★★
・容器製造事業の売上が60%を占めることの問題点は何だろうか?
 (1) 依存度が高くなると、事業リスクが高まる
 (2) 容器製造業に頼り、チャレンジ風土が弱まる
 (3) 企業グループが、モノづくり特有の低収益体質になる
 ⇒正社員の雇用と、年功ベースの人事制度を維持できなくなる
・では、設定すべき課題は何か?
 『新規事業へのチャレンジ意欲を高め、
  企業グループ全体を、
  高成長体質と高収益体質に改善すること』


☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁K ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁ゴロK All rights reserved 
 



bengorok at 14:36|PermalinkComments(0)勉強の記録 

2015年11月09日

やりたいことが出来た休日

久しぶりに、自分がやりたいことで休日を過ごしました。

・正倉院展
・英語の勉強
・趣味&実益の弁理士テキスト作成
・下町ロケット

とりあえず、期限に追われない日々っていいですね~
合格発表にかすかに期待しながら、あと1カ月はマイペースで過ごします。
映画断ちしてたから、なんか観に行きたい。
ジュラシックワールド、終わっちゃったかな~(涙)
マラソンも開始しなきゃ。


もし・・・、、、
簿記の2級と1級、応用情報技術者を取ろうかな?
それはそれで、良いのかもしれない。

あ、そろばん習おうかな?もう遅いか~
ペン習字も必須かも。字、きたないし。
うん、足りないことだらけ。
まだまだ、伸びしろはある(^^)


☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁K ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁ゴロK All rights reserved 
 

bengorok at 00:35|PermalinkComments(0)勉強の記録 

2015年11月07日

LECは遊休設備の減価償却費を含めない

LECの2次模範解答解説会に出かけてきました。

なかでも興味があったのは、事例4の第3問です。
やはりLECの見解は、遊休設備gの減価償却費は含めない、でした。
結果、第3問(設問1)の解答は、こうなります。
ケース1 16、21、21
ケース2 19、24、24


これで、MMC(うわさ)に続き2社目の減価償却含めない派が出てきました。

先日のブログで書きましたが、私もこれが正解だと思います。
もし、ケース1で19、24、24が正解だとすると、あまりに簡単すぎ。
各社も、改定版では変更してくるのではないでしょうか?

同じく事例4では、問題1の経営数値がちょっと独自路線でした。
少し深読みし過ぎ?と感じました。
とすると、問3も深読みし過ぎ??
①有形固定資産回転率
②当座比率
③売上高営業利益率


なお、その他の事例は、非常にバランスよくまとまっていると感じました。
事例3の解答切り分けも、私が考えている方向と合致しています。
さすがに後出しじゃんけんした価値がある!?



☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁ゴロK ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁ゴロK All rights reserved 
 

bengorok at 22:17|PermalinkComments(7)勉強の記録