B商店街の2025年の商圏人口分布書評:『引き算する勇気』岩崎邦彦

2015年11月23日

LECの解答説明会(11月23日)

梅田まで1時間かけて、出掛けてきました。
そんなに興味があったわけじゃないのですが、
梅田で遊ぶ口実を作るのが主目的で。

解答内容は、少しブラッシュアップされている部分もありましたが、
ドラスティックに見解を変更した部分はなく、特に目玉はありません。
ま、前回とは違う講師でしたので、いろいろと見解が聞けて楽しかったです。

近いうちにウェブにアップされると思いますが、
自分の興味を引いたところを、メモしておきます。

【事例1】
☆第1問:問題文にバドミントンが無いことに着目した。
 代替品の脅威は、ゲートボール以降、特許で対策しているので挙げなかった。
⇒本番中、ここは悩みました。結局、バドミンントンも考慮しましたけど。

☆第2問:『組織は戦略に従う(チャンドラー)』を意識する
⇒私の弱いところは、ここですね!
 一次の知識が弱いので、思考の整理が甘いです。

☆第3問:60%しめることで、①事業リスク、②依存する組織体質を課題とする。
⇒それなりに明快です。

☆第4問、第5問:バーナードの組織の3要素を念頭に回答する
⇒そんなのありましたっけ??

【事例2】
講師は、与件文をまだ500回くらいしか読んでないそうです(笑)
☆第1問(1)
 30~40代は、ほぼ全員が指摘。子供は半分くらい。
 60代は20%の人が指摘したが、これはまずいだろう。
 デモグラフィックとサイコグラフィックで回答する。
⇒そういう考え方に、知識を使えばモレがなくなりそう。

☆第1問(2)
 7割くらいのひとが、託児所や学習塾を記載。
 25%くらいが、エステ、リラクゼーション、高級美容室、スポーツ施設。
 1割が、娯楽関係。

☆第1問(3)
 個々の店主への助言なんだから、商店街全体で取り組むクーポン券などはNG
 たぶん、二次対策が不十分な人の解答なのでは?
⇒なるほど。そういう思考方法をした記憶もある。

☆第2問
 70%は食器。スポーツと家具は15%づつ。
 スポーツを選んだ人はチャレンジャーですね(笑)

☆第3問
 (1)は、大半が同じ答えで、スーパーとの差別化に言及していればOK。
 (2)は、実現性があればOKだろう。LECも数打ちゃ当たる作戦で記載。

⇒全体的に、受験生の多くが書くことをきちんと書けば、おお外しはしない印象。
 ということは、個性的な発想の人は二次試験に合格しにくい??
 でも、だれでも思いつくことを提言してもバカにされそうな気もする。
 結局、こういうのを国家資格試験にすること自体がナンセンスなのか?

【事例3】
☆第1問(1):生産面、営業面から解答するのは鉄則。
⇒こういうテクニックですよね。

☆第4問
 大半の人が、技術の高度化は書けていた。
 若手に言及したのは、25%くらい。
 QCDのQとDで対応する。

【事例4】
☆第1問
 財政状態はBSで。経営成績はPLで。
⇒ふ~ん。知らんかった。
 指標の選択は、あいかわらず主張を曲げず、マニアック。

【口述試験について】
・1問、2分程度での回答を求められる。
 あまりに短いと、質問が増えるだけ。
・LECで想定問答集を、1000円で窓口販売してます。
 ネットでも購入できます。
⇒買いませんでした(汗)


☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁K ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁K All rights reserved 
 



bengorok at 22:15│Comments(0)勉強の記録 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
B商店街の2025年の商圏人口分布書評:『引き算する勇気』岩崎邦彦