マイベスト答案【事例3】マイベスト答案【事例1】

2015年10月31日

マイベスト答案【事例2】

このマイベスト答案は、

TAC、TBC、大原の解答速報、および

LEC、日本マンパワーの講評などをもとにして作成しました。

 

基本作成方針は、下記つです。

自分なりに、出題者の意図をストーリー化する

受験生が80分で書けたかも?と思えるレベルにする

 (実際には難しいです・・・)

③論点を1つに絞るリスクは避け、部分点も取りに行く

 

☆☆☆  事例 :マイベスト答案  ☆☆☆

【第1問(設問1)】

高層マンションの高所得なファミリー層である。特に、18才以下の子供と、共働きで駅から帰宅する25~40代の主婦層を狙う。今後も人口増加が見込まれ、高所得なので総合スーパーともすみ分けられるからである。

 

【第1問(設問)】

保育所・託児所・学習塾など子育て系サービス業と、若い主婦層向けにエステ等の美容サービス業を誘致する。

 

【第1問(設問)】

帰宅主婦向けテークアウト商品を開発する。また、ファミリー向け、女子会向け等の特徴を各店で明確化する。

 

【第2問】

 [食器店]

商店街の飲食店主に協力してもらい、物産展と同時に県内物産品をつかった料理教室イベントを開く。その中で、料理に合う家族向け食器セットを使って盛り付けを演出し、県内物産に合う調理機器なども併せて販売する。

 

【第3問(設問1)

大手チェーンにはない、こだわりの県内農水産物および加工品を販売する小売店を誘致する。総合スーパーで低価格品を購入し、商店街では安心・安全な高付加価値の生鮮食料品を、通勤帰りに購入してもらう戦略である。

 

【第3問(設問

食品小売店の食材を使った料理を、商店街飲食店主が教える教室を開き、その料理は店舗メニューに加える。顧客と飲食店主が親しくなり、顧客や飲食店の食材購入にもつながるため食品小売店の売り上げが安定増加する。

 

 

☆☆☆  事例 :マイベスト答案の解説  ☆☆☆

【第1問(設問1)】

基本の考え方

・今後10年間まで見通して、増加する顧客層、

 かつ、総合スーパーとのすみ分けが可能な顧客層

・設問2、設問3との連携性を考慮した逆算の考え方も必要

 

◇与件の抜き出し作業

・B商店街は、ローカル私鉄のX駅周辺に広がる商店街[1]

・図1→商店街は、駅から高層マンションへの帰り道と言える

・10年後を見据えた組合運営という方針[3]

・総合スーパーの低価格の NB 商品や PB 商品が、低価格志向にある周辺住民の非食品需要も吸収し、多くの非食品小売店が廃業した[5]

・総合スーパーに低価格を売りにする外食チェーン店が入店したため、外食需要もそれらに吸収され飲食店の売上もそれほど伸びなかった[5]

 ⇒周辺住民は、もともと顧客ではないので、ターゲットから外す

・高価格で販売される高層マンション[6]

 ⇒高層マンションの住民は比較的富裕層だが、共働きが多そう

・2015年以降も高層マ ンションの建築が計画されている[6]

 ⇒0~5才児の人口増加は、しばらく継続する

・住宅街の中高年層が土地・建物を売却し、他地域へ転居する例も増えつつある[6]

・この傾向は当面続くものと見込まれている[6]

 ⇒高齢者は減少するし、もともと低価格志向なのでターゲットから外す

・商店街の各店舗の営業終了時間は、総合スーパーと同等で、遅い[8]

 ⇒会社帰りの主婦層が狙えそう。惣菜などテークアウトのニーズ?

・図2→2025年には、0~18才、25~50才が増加する

 

【第1問(設問)】

基本の考え方

3つのターゲットの、どこを狙うか?

複数挙げたほうが低リスクか?

ファミリー層で逃げるか?

飲食業とのテナントミックスを、どう考えるか?

・0~18才の子供たち

・25~50才の男性 ※働いている

・25~50才の女性 ※働いているだろう

 

◇与件の抜き出し作業

・県や市、商店街の店主、土地・建物の所有者も組合に協力的になりつつある[3]

 ⇒保育所や託児所は、県・市の認可が必要

 ⇒保育所は広い土地が必要で、地権者の協力が必要

・工員を対象とする飲食業、小売業、(狭義の)サービス業等で構成される歓楽街[4]

 ⇒いったい、なんのサービス業があったんだ(笑)。ま、男性向けはある。

・周辺住宅街に住む住民を対象とした商店街へと変化していった[4]

 ⇒サービス業も、周辺住宅街に住む住民向け(やや低所得、高年齢)

・B商店街の業種構成は店舗数ベースで飲食業約65%、サービス業約20%、 非食品小売業約15%で、食品小売業はほぼない状況[8]

 

◇検討

・0~18才の子供たち

 ⇒新たなサービス業:学習塾、知育、託児所、保育所

・25~50才の男性(かつ高所得)

 ⇒もともとあるサービス業で対応可能だろう

・25~50才の女性(かつ高所得)

 ⇒周辺住民とは、美意識も違う若い層が多いだろう。美容系か?

※これを、設問1にフィードバックする

 

【第1問(設問)】

基本の考え方

・個店へのアドバイスではない。100店以上ある飲食店のマーケティング戦略だ。

・設問2でしぼったターゲットをベースに検討する

 ・0~18才の子供たち

 ・25~50才の女性(かつ高所得)

・飲食店を、どんな生活シーンで使えば、顧客価値が創造できる?

 

◇与件の抜き出し作業

・主力の飲食店は、“大人が落ち着いて食事ができる食事処”といった趣の店に変わっていった[4]

 ⇒ファミリーでも食事できるようにするべきか?

 ⇒女性だけの利用(幼稚園に預けたあとのマダム会など)の方が多くないか?

・B商店街は元々歓楽街 としての側面が強く、食品を扱う小売店はほとんどない[5]

・商店街の各店舗の営業終了時間は、総合スーパーと同等で、遅い[8]

 ⇒会社帰りの主婦層が狙えそう。惣菜などテークアウトのニーズ?

 

◇検討

・駅からの帰りに惣菜を買い、子供を迎え、晩御飯という生活シーンはありそう

 各お店の店頭に惣菜を置くなんて、場所的に可能んだろうか?

 人件費もいるから、共同店舗化もありうるな?

・ファミリーで入りやすいお店という方向性もありそう。

・女子だけというのが、一番お金を使いそうなんだが。無理スジ?

・100店舗以上ある飲食店が共存共栄し、過当競争にならない方法は?

 

【第問】

基本の考え方

・どの非食品小売店を選んでも、方向性が一致していれば良いだろう

・高層マンションの所得の高いファミリー、または主婦が対象だろう

・生活シーンの演出や提案が良さそう

・セット買い、関連買いを誘えないか?

・商店街全体の活性化にも寄与できないか?

 

◇与件の抜き出し作業

・県内の農水産物および加工品を組合事務所周辺の街路で販売する「物産市」を実施[9]

・大手チェーンにはない、こだわりの商品を販売する小売店が物産市に参加[9]

・イベント当日は飲食店、サービス業の売り上げは大幅に増加する[9]

・非食品小売店の店主からは「売上増加効果が現れていない」といった不満の声[9]

・購入者向けのアフターサービスに注力した[2]

・高価格で販売される高層マンションが多数開発[6]

 

【第(設問1)

基本の考え方

・ターゲットは、高層マンションの高所得層で子育て層

・安心、安全な食品。定番の地産地消で地域も発展コースだろう

・マーケティング戦略を明記すること

 

◇与件の抜き出し作業

・県内の農水産物および加工品を組合事務所周辺の街路で販売する「物産市」を実施[9]

・大手チェーンにはない、こだわりの商品を販売する小売店が物産市に参加[9]

・総合スーパーの低価格の NB 商品や PB 商品が、低価格志向にある周辺住民の非食品需要も吸収し、多くの非食品小売店が廃業した[5]

 

【第(設問2)

基本の考え方

・期待される効果は、理事長の長期目標とも合致するはず

・た食品小売店が長期にわたり商店街に定着するためには、

 ⇒安定売り上げが必要

  ⇒顧客に愛されるためには?

  ⇒顧客だけでなく、商店街にある飲食店での需要も大切だ

 

◇与件の抜き出し作業

・長期的には、顧客と店主、店員が顔見知りとなり親しく会話を交わすような状態になることが理想[10]



☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/10/23現在)
第1位 アラサー女の診断士一発合格

第2位 あなたを合格に押し上げたい中小企業診断士受験生応援歌

第3位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ 

第5位 ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版

第6位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁ゴロK ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁ゴロK All rights reserved 

 

bengorok at 21:10│Comments(0)勉強の記録 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
マイベスト答案【事例3】マイベスト答案【事例1】