スピテキ1の1回目読み完了勉強がすすまない・・・

2015年01月28日

資格勉強法の紹介~J-Net21(3)

中小企業診断士受験生、『資格7冠王に挑戦』の弁ゴロKです。

前回の続きです。
『資格勉強法の紹介~J-Net21(1)』
『資格勉強法の紹介~J-Net21(2)』

こちらのサイトの記事引用しています。
 J-Net21 中小企業診断士の広場
『【第3回】試験当日に実力を発揮する本番対応力に関する4つの法則』

 ◆ 前回まで紹介した8つの法則 ◆
<法則1 すぐに何度もくり返し、「覚える」のではなく「思い出す」>
<法則2 過去問をフル活用したアウトプット学習を重視する>
<法則3 現在の実力と合格レベルのギャップを把握する>
<法則4 徹底的に効率を追求し、メリハリをつける>
<法則5 安定解答を作るためのオリジナルプロセスを構築する>
<法則6 パターンに頼りすぎない>
<法則7 小手先のテクニックに走らず、わかりやすく伝える>
<法則8 自分が選んだやり方をとことん貫く>

記事の内容は読んでもらうとして、
紹介されている法則に関連した私の経験などを書きます。

★法則9 緊張するのは当たり前。気負わず、平常心で
 私が一番緊張したのは、弁理士3次の口述試験でした。
 ここで落ちたらまた1年も勉強!!というプレッシャー、試験官2人との面談形式。
 しかし、本番になると不思議に集中できてました。
 結局、緊張に打ち勝つためには集中しきることでしょうか?

 
★法則10 試験時間は1秒たりともムダにしない
 弁理士1次試験やマンション管理士などのマークシート方式試験は、時間に余裕がありました。
 しかし、余裕がありすぎると色々と考えすぎて、変に回答を変えてしまいます。
 最初に考えた回答を変更するには、相当の確信があるときだけ!とされているようです。
 
 弁理士2次試験は時間との戦いです。これは時間配分の訓練しかありません。
 漏れが無いように、まずチェックリストを問題用紙に書き込んだり、工夫が必要ですね。

★法則11 解く順番を戦略的に組み立てる
 私は、解く順番の工夫をしたことがないです。
 どうせ解かなければいけないのだから、最初から順番に解けば良いのでは?
 順番を考えたり、飛ばしたりする時間、マークシートの順番ズレリスクのほうが大きいと思います。


☆☆☆ 資格 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/01/27現在)
第1位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ
  ↑↑↑ 大阪にはないの?
第2位 アラサー女の診断士一発合格
  ↑↑↑ 昨年は社労士に合格。がんばってますね!
第3位 中小企業診断士試験~資格7冠王に挑戦
  ↑↑↑ 本ブログです。応援ありがとうございます。

☆☆☆ 士業 中小企業診断士 日本ブログ村へ ☆☆☆ (2015/01/27現在)
第1位 中小企業診断士 2次試験専門校 AAS東京ブログ
  ↑↑↑ AASって、良いのかな?
第2位 中小企業診断士試験 一発合格道場
  ↑↑↑ 最近は、合格体験記と未合格体験記シリーズです
第3位 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ
  ↑↑↑ AASの名古屋・浜松代表か~
第4位 タキプロブログ 中小企業診断士試験突破のノウハウ
  ↑↑↑ いろいろと塾が乱立してますね

☆☆☆ 弁理士No.1ブログ ~ by 弁ゴロK ☆☆☆
第1位 『弁理士試験フレーズドライ勉強法』

© 2015 弁ゴロK All rights reserved



bengorok at 06:00│Comments(0)勉強方法 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スピテキ1の1回目読み完了勉強がすすまない・・・